こつこつ資産運用

地方在住30代会社員のこつこつ資産運用

積み立てNISAやロボアドバイザー、idecoなど資産運用の経験や成績を発信。時々、金融経済関係のニュースもつづります。

MENU

百十四銀、瀬戸内モニターガールズ第15弾プロジェクト

 百十四銀行は3月19日、新たな着地型観光プランの企画に役立つ情報提供を目的に、香川県と共同で第15弾として女性モニターによる「三豊市モニタリング研修会」を開催した。


f:id:kimamaniikirukun:20190319124201j:image

概要

着地型観光とは、旅行者を受け入れる地域(着地)側が、地域の歴史や文化、自然などの観光資源を生かして付加価値の高い体験型・交流型の観光商品を企画し、旅行者を呼び込むもの。 女性ならではの目線から、新たな着地型観光プランの企画に役立つ情報をモニタリングし、中長期的な視点で観光関連産業を活性化を目指す。 旅行情報誌で「行ってみたい夕日絶景ランキング」1 位となった父母ヶ浜が、現在に至るまでの歴史を紐解きながら新たな魅力を創出し、滞在型観光に繋げるべく女性目線でモニタリング。

内容

 豆腐作り体験や父母ヶ浜の歴史を学ぶほか、父母ヶ浜における観光について、女性目線でアイデアを考案する。『瀬戸内モニターガールズ』とは、香川県との「産業振興による地域活性化に向けた連携・協力協定」の締結を機に、同行と香川県の女性職員が地域活性化への貢献を目的に集まったもの。香川県の産業観光にスポットを当てたモニタリング研修会を通じて、新たな地域の魅力を発見し、幅広く情報を発信している。