気ままにニュース

気ままにニュース

全国各地のニュースに関する国民の声を届けます

MENU

原監督「スポーツは心のワクチン」発言に批判 国民「コロナで苦しんでいる人がたくさんいるのに」

f:id:kimamaniikirukun:20210222211816j:plain

島根県の丸山知事が聖火リレー中止意向を表明

青学大の原晋監督は、島根県の丸山達也知事が東京五輪聖火リレーの中止意向を示したことに関し、「スポーツは心のワクチンです!」と、疑問の声を上げました。
これに対して国民からは「この状況で発想がおかしい」「我慢している人がいるのにいう言葉じゃない」と批判の声が出ています。

原監督の心のワクチン発言に対する国民の声

国民の声:「心のワクチン」という発想がおかしいのです。オリンピックをやって盛り上がる、その経済的恩恵を受けるのはせいぜい首都圏です。(島根県、40代女性)

 

国民の声:心のワクチンっていうけど、目先の支援も無い我慢だけしている人達に言う言葉じゃない。青森県、40代女性)

 

国民の声:コロナ禍では違いますし、ましてオリンピックで世界中からウイルス持ち込まれる可能性が高い時に(しかもホストタウンって、全国各地にまんべんなくあるんですよね)、心のワクチンどころかふつうに「恐怖」です。(和歌山県、60代男性)

 

国民の声:スポーツをやっている方はスポーツを良い方向にばかり考えると思う。スポーツでコロナ生活を克服できるなら心のワクチンも必要だが、そのワクチンの効き目が無かった時の責任は誰が取るのか考えての発言なのか?滋賀県、50代男性)

 

国民の声:心のワクチンよりも新型コロナウイルスに効くワクチンのほうが先。まずは健康に競技できることのほうが優先じゃないの?(徳島県、40代男性)

 

国民の声:あなたはスポーツで飯を食っているからそうなるのはわかる。しかし世の中はスポーツに興味がある人ばかりではない。島根県が東京オリパラの聖火リレーに多額の金を使うくらいならば地元で困っている人のために使うと考えてもおかしくない。(鳥取県、30代男性)

 

国民の声:スポーツ目線の見解。スポーツでコロナは救えない現実。アスリートがメダル100個取ろうと人1人救えない。(埼玉県、60代男性)

 

原監督の心のワクチン発言に対する所感

オリンピックの開催が日本人を不安にし、国民の気持ちの分断が生じています。パンデミック宣言下で、世界中から選手が集まってきます。東京は緊急事態宣言下、普通の生活が遅れていないし、地方はコロナ以前から疲弊している。それでも、お祭り騒ぎができるのか。スポーツの良さは認めるますが、オリンピックがスポーツのすべてではないと思います。